コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トポス topos

翻訳|topos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トポス
topos

元来は,場所を意味するギリシア語。単に物理学的な空間を意味するだけでなく,アリストテレス以来,修辞論上の場所,すなわち何かを論じる際の基本的論述形式,あるいは論題を蓄えている場所をもいう。英語ではズバリ月並みな表現・主題を意味する。この語が文学・思想の分野で重視されるようになったのは,構造主義においてテーマ論が活発になったためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トポス(〈ギリシャ〉topos)

場所。また、文学・芸術などにおける主題。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

トポス【topos】

ギリシア語で〈場所〉を意味し,アリストテレスや古代修辞学では,議論に関係した事柄や話題を発見すべき場所(論点,観点)を表した語。またその〈場所〉は,空間的な配置を含むものとして古代記憶術で重視され,言葉やイメージの記憶に役立てられた。そのことは現代でも大きな意味をもつものとしてあらためて見なおされているが,トポスが重要な意味をもってきているのは,そのためだけでない。そのほかに,われわれにとって切実になってきたものとして,〈存在根拠としての場所〉〈身体的なものとしての場所〉〈象徴的なものとしての場所〉がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トポス【topos】

場。場所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のトポスの言及

【プトレマイオス王国】より

… これらの国家統制のためには整備された官僚組織が不可欠であった。国土は約30の県(ノモスnomos)を筆頭に郡(トポスtopos),村(コメkōmē)に分けられ,おのおのに長官や書記をおいて住民およびその財産の掌握が行われた。王の財務長官(ディオイケテスdioikētēs)の下に各県,郡,村ごとに主計官もおかれ,租税をはじめ歳入・歳出に関するいっさいの事務が執り行われた。…

【プトレマイオス王国】より

… これらの国家統制のためには整備された官僚組織が不可欠であった。国土は約30の県(ノモスnomos)を筆頭に郡(トポスtopos),村(コメkōmē)に分けられ,おのおのに長官や書記をおいて住民およびその財産の掌握が行われた。王の財務長官(ディオイケテスdioikētēs)の下に各県,郡,村ごとに主計官もおかれ,租税をはじめ歳入・歳出に関するいっさいの事務が執り行われた。…

※「トポス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トポスの関連キーワードニュー・トポグラフィックスジョバンニ リビシロス・プリモストポフィリアクルティウスブラワーヨ大江健三郎マゾヒズム田島ユカリ島田荘司理想主義都倉奈々探偵小説松浦寿輝混成岩元来実希

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トポスの関連情報