トライボロジー遺産(読み)とらいぼろじーいさん

事典 日本の地域遺産の解説

トライボロジー遺産

トライボロジーとは、摩擦、摩耗、潤滑に関する問題を取扱う学問のこと。「トライボロジー遺産」は、科学と技術の発展の歴史において重要な貢献をしたトライボロジーに関係する技術や事物を発掘し保存するために、日本トライボロジー学会が認定する制度。2011(平成23)年に第1回として8件が認定された。〔認定対象〕1.トライボロジーが産業・人類文化等に貢献をした機械要素、機器、システム等、2.トライボロジーの発展に貢献をした文献や図面などの技術資料、3.トライボロジーに関係した建造物、構造物、博物館等の所蔵品などの歴史的な事物。〔認定基準〕次のいずれかに合致するもの。1.トライボロジーの発展史上で工学的に重要な貢献を示すもの、2.トライボロジーが国民生活、産業、文化、経済、社会、技術教育に対し貢献したもの。
[選定機関] 日本トライボロジー学会
[選定時期] 2011(平成23)年~
[登録・認定名] 転がり軸受第1号設計図 | 日本のトライボロジー黎明期に活躍した摩擦摩耗試験機群(4台) | 0系新幹線用車軸転がり軸受 | 実験場報告第8号「Turbine oil 比較試験」 | 明治後期~昭和初期にかけて開発された国内主要油田の原油サンプル | 「機械減摩法(初版)」三井嗣喜著 | 学振形玉軸受寿命試験機126I-B型 | 極低温高速軸受試験機,極低温高速シール試験機

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android