コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラギス(虎鱚) トラギスParapercis pulchella

1件 の用語解説(トラギス(虎鱚)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トラギス【トラギス(虎鱚) Parapercis pulchella】

スズキ目トラギス科の海産魚。太平洋側は関東,日本海側は新潟県以南の各地をはじめ,南シナ海インド洋の沿岸に広く分布している。体が円筒形で,全長20cmまでの小型魚で,一見ハゼ類に似ているためか,地方名もハゼのつくものが多い。関西,四国,九州の広い範囲でトラハゼ,高知県でアカハゼ,オキハゼ,広島県でシマハゼ,和歌山県田辺でイシブエ,鳥取県米子でシマゴチ呼ばれる。体色は,淡黄褐色の地に頭部には6本の青色線があり,また体には6本の暗褐色の横帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone