コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラジ トラジ

4件 の用語解説(トラジの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トラジ

《〈朝鮮語〉。桔梗(ききょう)の意》朝鮮民謡の一。桔梗の花に寄せて恋の心をうたったもの。五音音階三拍子で、「アリラン」と並ぶ代表曲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トラジ【Toraji】

朝鮮民謡の曲名。トラジは朝鮮語でキキョウ(桔梗)の花を意味する。朝鮮半島では北部の山野に比較的多く自生する多年草で,初秋に幅ひろい白の花びらをもった花が咲く。白いトラジは薬草ともなり,ゴボウ状の根は食用とする。民謡《トラジ》の歌は,正確には《トラジ打令(タリヨン)》と呼び,《アリラン》と共に朝鮮の二大民謡として世界的に知られている。明快な3拍子のリズムが特徴的で,多くの民謡のなかでは比較的新しい。黄海道の殷栗地方の民謡にも,京畿道の立唱の《山打令》にも《トラジ打令》という曲があるが,互いに特別な関係はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トラジ

〔朝鮮語。桔梗ききようの花の意〕
朝鮮の民謡。三拍子のリズムをもつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラジ
とらじ

朝鮮民謡の曲名。正確には『トラジ打令(タリヨン)』といい、比較的新しいものであるが、現在では『アリラン』とともに朝鮮を代表する民謡として広く知られている。五音音階(平調(へいちょう))で構成され、明確な三拍子のリズムが特徴的である。トラジとは桔梗(ききょう)のことで、食用および薬にもなる白いトラジの根を掘る姿や恋愛を夢みる山里の少女の純情を歌う。黄海道の殷栗地方や京畿(けいき)道にも同名の曲があるが関係はなく、類似点の多い『江原道アリラン』の一つがこの曲の源流と考えられる。[志村哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトラジの言及

【キキョウ(桔梗)】より

…キキョウ科には珍しい浅黄色の花色もあったと伝えられる。文学作品では,《枕草子》にも草花の代表格として紹介されており,朝鮮ではキキョウをトラジといい,《トラジ》は朝鮮における代表的な民謡の一つである。 根や若芽は食べられる。…

※「トラジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トラジの関連キーワード北朝鮮朝鮮半島朝鮮民主主義人民共和国金素雲赤古里チョソンクル失郷民延白平野朝鮮語学会《朝鮮語大辞典》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トラジの関連情報