コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラスタマラ朝 トラスタマラちょう Trastámara

2件 の用語解説(トラスタマラ朝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トラスタマラちょう【トラスタマラ朝 Trastámara】

中世後半イベリア半島カスティリャアラゴン連合王国の2国を統治した王朝。1369年初頭,カスティリャ王アルフォンソ11世の庶子でトラスタマラ伯エンリケは,父王を継いだ嫡子ペドロ1世をその手で刺殺,エンリケ2世Enrique IIとして王位に就き,新たにトラスタマラ朝を開いた。1410年,マルティン1世の死によってアラゴン連合王国は王家が断絶,12年にカスペCaspeで開かれた代表者会議は,カスティリャ王フアン1世の王子で通称フェルナンド・デ・アンテケーラFernando de Antequera(フェルナンド1世)を新王に選出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラスタマラ朝
とらすたまらちょう
Casa de Trastmara

中世後期イベリア半島の王朝の一つ。カスティーリャでは創始者エンリケ2世からイサベル1世まで(1369~1504)の計6人、アラゴン連合王国ではフェルナンド1世からフェルナンド2世まで(1412~1516)の計4人の王がこの王朝に属する。トラスタマラの名は、前述エンリケ2世の即位以前の所領トラスタマラ伯領に由来する。トラスタマラ歴代の王は、西ヨーロッパ諸国に共通する中世末期の政治と社会の混乱を王権の強化によって収拾克服しようと努めたため、カスティーリャでもアラゴン連合王国でも、封建勢力および自治の伝統に固執する有力都市の激しい抵抗に遭遇した。しばしば内戦にまで発展したこの事態がようやく王権の目ざす形で収拾をみたのは、後にカトリック両王の名で知られる前述フェルナンド2世とイサベル1世の共同統治発足(1479)後であった。
 今日のスペイン形成への第一歩は両王の結婚(1469)だったが、2人を結び付けた背景には、両者がともに同一の王朝の出身であったことも一因だった。この意味でトラスタマラ朝は近代スペイン成立の一要素とみなせる。しかし、両王の唯一の王子が早世したために、トラスタマラ朝はフェルナンド2世を最後に断絶した。[小林一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトラスタマラ朝の言及

【エンリケ[2世]】より

…アルフォンソ11世の庶子で,異母兄ペドロ1世の即位後に貴族の一部を率いて反乱を起こした。いったん敗れた後,アラゴン,フランス,ローマ教皇庁の支援を受けて再度挑戦,1369年自らの手でペドロを刺殺して即位,トラスタマラ朝を開いた。異常な形で王となった彼は,外交ではフランスと同盟を結ぶ一方,国内では諸侯に多くの所領を与えることで保身を図って王権の経済力を著しくそこない,後の混乱の原因を作った。…

※「トラスタマラ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トラスタマラ朝の関連キーワードイベロアメリカカスティリオーネカステライタリア半島イベリア半島カスティリャカスティーリャ国土回復戦争カスティーリャイレオンイベリア半島の地中海入り江のロック-アート

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone