コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリオース triose

大辞林 第三版の解説

トリオース【triose】

単糖類の一。化学式 C3H6O3 生体内で解糖系の中間体として生成する。三炭糖。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のトリオースの言及

【単糖】より

…ただし,フコースfucose(6‐デオキシガラクトース)はL‐型が天然のものである。 単糖は含まれる炭素原子の数によって,二炭糖(ジオース),三炭糖(トリオース),四炭糖(テトロース),五炭糖(ペントース),六炭糖(ヘキソース),七炭糖(ヘプトース)というように分けられる。グルコースは最も代表的な六炭糖である。…

※「トリオース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリオースの関連キーワードペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路)ペントースリン酸回路マルトオリゴ糖アルドラーゼイソメラーゼプルラナーゼあめ(飴)デンプンプルラン炭水化物解糖系糖類単糖糖質

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android