トリコラ山(読み)トリコラサン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリコラ山
とりこらさん
Gunung Trikora

インドネシア、西イリアン(ニューギニア島西部)のジャヤビジャヤ山脈の西部にそびえる山。標高4750メートル。旧称ウィルヘルミナ山Wilhelmina Top。山頂部は万年雪を頂く。オランダ領時代の1907年にオランダのローツェ隊が初登頂した。北麓(ほくろく)の河川はワメナのすこし下流から南に流路を転じ、西イリアンの巨大な脊梁(せきりょう)山脈を横断し、大渓谷をつくってアラフラ海に面する平地に流出する。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android