コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルドビキ Trudoviki

世界大百科事典 第2版の解説

トルドビキ【Trudoviki】

1905年革命に対するツァーリズムの譲歩として06年4月に開設された帝政末ロシアのドゥーマ(国会)の一党派で,勤労グループのこと。ナロードニキ主義的民主主義者の農民や知識人の代議士から成り,第1国会では107人,第2国会では104人の代議士が同派に所属していたが,07年の選挙法の改悪により同派の代議士は第3国会では14人,第4国会では10人に激減した。トルドビキは政治的には人民主権や普通選挙ならびに市民的自由を要求した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトルドビキの言及

【ロシア革命】より

…革命の結果は無制限専制から国会,国家評議会の二院によって制限される専制への移行という,きわめて不徹底なものに終わったのである。 4月27日国会は開会したが,自由主義者の党カデット党と無党派急進農民のトルドビキ派が議員の過半数を握り,土地改革を要求して政府と対立した。政府は7月8日国会を解散した。…

※「トルドビキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トルドビキの関連キーワードアレクサンドル ケレンスキーケレンスキーロシア革命

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android