コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロアイヨン トロアイヨンTroyon, Constant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロアイヨン
Troyon, Constant

[生]1810.8.28. セーヌエオアーズ,セーブル
[没]1865.3.20. パリ
フランスの画家。セーブル陶工の子。 1833年サロンに風景画を初出品。やがてバルビゾン派に加わり N.ディアズ・ド・ラ・ペニャや J.デュプレの影響を受ける。 46~47年のオランダ旅行後,A.コイプや P.ポッターの作品に触発されて風景画のなかに牛や羊や農夫の姿を入れるようになり,牧歌的な作風で人気を集めた。代表作『耕地へ向う牡牛の群れ』 (1855,オルセー美術館) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トロアイヨン

フランスの画家。セーブル生まれ。17―18世紀のオランダ絵画とフォンテンブロー派の風景画を研究し,光と大気の表現にすぐれ,動物の群を配した田園風景を好んで描いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

トロアイヨンの関連キーワードクライストブラウンペルス=ライケン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロウェルナー(Zacharias Werner)スペイン独立戦争パッフ(Johann Friedrich Pfaff)