コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トワルドフスキー トワルドフスキー Tvardovskii, Aleksandr Trifonovich

4件 の用語解説(トワルドフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トワルドフスキー
トワルドフスキー
Tvardovskii, Aleksandr Trifonovich

[生]1910.6.21. スモレンスク,ザゴリエ
[没]1971.12.18. モスクワ
ソ連の詩人。鍛冶工の家庭に生れ,14歳で詩を書きはじめ,詩集『社会主義への道』 Put' k sotsializmu (1931) で詩人として出発,叙事詩『ワシーリー・チョールキン』 Vasilii Tërkin (41~45) で文名を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トワルドフスキー(Aleksandr Trifonovich Tvardovskiy)

[1910~1971]ロシアの詩人。連作叙事詩「ワシリー=チョールキン」によって、国民的な人気を得た。また、文芸誌「新世界」の編集長として、ソ連の文芸自由化を推進した。トバルドフスキー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トワルドフスキー【Aleksandr Trifonovich Tvardovskii】

1910~1971) ソ連の詩人。ロシアの一兵卒を主人公とした連作詩「ワシーリイ=チョールキン」で国民的人気を博す。また文芸月刊誌「新世界」の編集長として、ソ連文芸自由化のために貢献した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トワルドフスキー
とわるどふすきー
Александр Трифонович Твардовский Aleksandr Trifonovich Tvardovskiy
(1910―1971)

ソ連の詩人。スモレンスク地方の貧しい鍛冶(かじ)屋の子に生まれ、地方新聞の編集に携わる。のち、モスクワの歴史・哲学・文学大学哲学科を卒業。最初の有名な作品は叙事詩『ムラビヤ国』(1936)で、農村における社会主義変革をテーマとしたもの。大祖国戦争中の兵士を主人公として、戦うロシア人民の典型を歌い上げた叙事詩『ワシリー・チョールキン、戦士の書』(1942~45)は、国民的な作品となっている。同じく大祖国戦争に捧(ささ)げられた作品に叙事詩『路傍の家』(1946)がある。さらに、ソ連の歴史を振り返り、その未来を思索する哲学的な連作叙事詩『遠いかなた』(1958~60)は、彼の詩作が完成の域に達したことを示すものといえよう。この作品や叙事詩『あの世のチョールキン』(1954~63)などでは、スターリンの個人崇拝が厳しく批判されている。ほかに『文学評論集』(1963)などがある。なお文芸誌『ノーブイ・ミール』編集長としてエレンブルグ、ソルジェニツィンなどの作品を取り上げ「雪どけ」を推進したが、1970年2月解任された。[草鹿外吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トワルドフスキーの関連キーワードスモレンスクユーモレスクСмоленск聖ローレンス門スモレンスカヤ教会フモレスケスモレンスク公国デスナ[川]スモレンスキン,P.スモレンスク会戦

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone