コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トワルドーフスキー

2件 の用語解説(トワルドーフスキーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トワルドーフスキー

ロシア(ソ連)の詩人。スモレンスク州の鍛冶屋の子。農業集団化テーマにした叙事詩《ムラビア国》(1936年)で注目され,第2次大戦中に,一兵士を主人公にした連作詩《ワシーリー・チョールキン》(1941年―1945年)で国民的な人気を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トワルドーフスキー【Aleksandr Trifonovich Tvardovskii】

1910‐71
ソ連邦の詩人,編集者。スモレンスク州ザゴーリエの鍛冶屋の息子。モスクワ哲学・文学・歴史大学卒業。1924年から郷里で新聞記者となる。30年代から詩作を発表,36年農業集団化運動の中で〈コルホーズのない国〉を求めてさまよう農民を主人公にした叙事詩《ムラビア国》(1936年刊。41年国家賞受賞)が注目される。ソ・フィン戦争第2次世界大戦の従軍体験にもとづく連作叙事詩《ワシーリー・チョールキン》(1941‐45)は,生命力にあふれる素朴なロシアの一兵士を主人公に,民衆的なユーモアペーソスを歌いあげた傑作で,圧倒的な人気を博し,亡命中のブーニンまでをも賛嘆させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トワルドーフスキーの関連キーワードアブダビイズベスチヤ元好問ゴルバチョフソ連ソ連邦ロシア連邦南ア連邦プーシキン広場

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone