コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンティン(洞庭)湖 トンティンこDongting hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンティン(洞庭)湖
トンティンこ
Dongting hu

中国南東部,フーナン (湖南) 省北部にある湖。面積 2740km2で,ポーヤン (鄱陽) 湖に次ぐ中国第2の大湖である。リヤンフー (両湖) 平原の南部にあたるトンティン湖平原にある。北方を流れるチャン (長) 江と4本の水路で通じている。省の四大河川であるシヤン (湘) 江,ユワン (沅) 江,ツー (資) 水,リー (澧) 水と,多数の小河川が流入するため増水期と減水期では湖面の面積に大きな差がでる。フーナン省の省名はトンティン湖の南に広がることから生じた。地質時代にリヤンフー平原全域に広がっていた巨大な湖が,チャン江とその支流によって埋立てられ,春秋戦国時代には雲夢沢と呼ばれる沼沢地となっていた。その後も河川による埋積に加えて干拓も進んだが,明代にチャン江北岸に大堤防を築き,南岸を遊水池とする方針がとられたために,それ以上の湖沼面積の縮小はおさえられた。不規則な埋積と干拓によって湖岸線は入組んでおり,東,南,西の3湖とタートン (大通) 湖に大別される。チャン江の増水期には河水が流入して,下流の洪水を防ぐ役割を果してきたが,湖の面積は変動が激しく,また干拓地では堤防の決壊もあって,湖岸はたびたび氾濫に見舞われた。人民共和国成立後はチャン江にチン (荊) 江遊水池が設けられ,また湖岸や水路の堤防が改修され,流入河川の上・中流には貯水池が建設された。湖岸には輪中による水田が広がって,省の穀倉となっている。れんこんの大産地でもある。漁業も盛んで,コイ,ソウギョ,ハクレンなどの漁獲が多く,養殖も行われる。瀟湘八景と呼ばれる名勝があり,北東岸のユエヤン (岳陽) 特別市にある岳陽楼とチュン (君) 山が名高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トンティン(洞庭)湖の関連キーワードチャントー(常徳)特別市ユエヤン(岳陽)特別市リヤンフー(両湖)平原チヤンハン(江漢)平原チョーシー(柘渓)ダムイーヤン(益陽)地区ホンツォー(洪沢)湖ミールオ(汨羅)江フーナン(湖南)省イーヤン(益陽)市フーペイ(湖北)省チンシー(津市)市ユワン(沅)江シヤン(湘)江チェンチョウ市チャン(長)江リー(澧)水ツー(資)水リー(澧)県スナメリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android