岳陽楼(読み)ガクヨウロウ

  • がくようろう ガクヤウ‥
  • がくようろう〔ガクヤウ〕

世界の観光地名がわかる事典の解説

中国の湖南省北東部、同国第2の淡水湖・洞庭湖(ドンティンフー)の東北端にある、江南の三大名楼の一つに数えられる楼閣。同省の岳陽ユエヤン)市にある。215年に、水兵の訓練の閲兵楼として建てられた高さ21mの3階建ての木造建築で、古くからここで眺める洞庭湖は絶景と賞賛され、杜甫や李白、白居易(白楽天)、孟浩然、范仲庵などの文人が訪れ、詩を詠んだところとして知られる。杜甫の詩「登岳陽楼(岳陽楼に登る)」は有名である。また、北宋の時代の范仲淹の「岳陽楼」は、「先天下之而憂後天下之楽而楽(天下の憂に先んじて憂い、天下の楽に後れて楽しむ)」の一節で有名である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

中国、湖南省岳陽の町を囲む城壁の西門の楼。三層楼で、洞庭湖に臨み、左方湖中の君山に対する眺めは絶景とされ、多くの詩に詠まれている。〔杜甫‐登岳陽楼詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の岳陽楼の言及

【岳陽】より

…鉄鋼,機械,建材,化学肥料などの工業が発達する。市の西門の城楼は3層からなり岳陽楼と呼ばれる。城楼からは洞庭湖,君山を望むことができる。…

※「岳陽楼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android