コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウギョ ソウギョ Ctenopharyngodon idella

3件 の用語解説(ソウギョの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソウギョ
ソウギョ
Ctenopharyngodon idella

コイ目コイ科の淡水魚。全長 1.5m。コイに似るが,口ひげがなく,背鰭の基底が短い。アジア大陸東部原産。河川,湖沼にすむ。草食性で,植物の茎,葉を好む。日本には食用として移殖された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ソウギョ

 コイ科の淡水魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソウギョ
そうぎょ / 草魚
[学]Ctenopharyngodon idella

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。ツァーヒーあるいはソーヒーともよばれる。原産地の中国では、アオウオコクレン、ハクレンとともに四大家魚とよばれ、1000年以上前の唐代から養魚が盛んであった。また、ほとんど世界中の華僑(かきょう)居住地でも養魚が行われている。日本へも明治初年より何回も移入された。近年、前記4種の繁殖が利根(とね)川で確認されたが、これは中国大陸以外での最初の繁殖記録である。
 一見、コイに似ているが、背びれがコイより小さく、ひげもない。体は黄褐色で、全長1メートルを超える。中国の大河では同2メートルの大魚も記録されている。平野部の河川や湖沼に生息し、アシやマコモなど川岸の陸生植物を好んで食べるので、名はその食性に由来する。利根川では、6~8月に中流の久喜(くき)市付近へ遡上(そじょう)して、増水時に産卵する。卵は直径2ミリメートル程度であるが、産出後吸水して1時間後には5、6ミリメートルに膨れ、流下しながら急速に発育して約60時間後に孵化(ふか)する。したがって、小さな河川では天然繁殖を期待できない。最近では、ホルモン注射による排卵促進技術が確立され、池の中での産卵も可能になった。1日に自分の体重の1~1.5倍もの水草を摂取するので、大形水草の除去を目的に、日本各地の用水路や水源池に放流されている。中国では重要な食用魚。日本では、川の大物釣りの好対象でもある。[水野信彦]
 生息地の在来生物に影響を与える可能性があることなどから、環境省の「要注意外来生物」にリストアップされている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソウギョの関連キーワードフナ油鮠縞泥鰌諸子似鯉都鱮ゼブラダニオ黄鯝魚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソウギョの関連情報