コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トン・ドク・タン トン・ドク・タン Ton Duc Thang

3件 の用語解説(トン・ドク・タンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トン・ドク・タン
トン・ドク・タン
Ton Duc Thang

[生]1888.8.19. ロンスエン
[没]1980.3.30. ハノイ
ベトナムの政治家。青年期からの熱烈な共産主義者。 1912年フランス海軍に入り,18~19年ロシア革命に干渉するため航海中のフランス軍艦に勤務,艦をボルシェビキ側に渡そうとしたが失敗。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トン・ドク・タン
とんどくたん
Ton Duc Thang
(1888―1980)

ベトナムの政治家。メコン・デルタのロンスエン省生まれ。サイゴンのフランス系専門学校在学中から反植民地活動に参加。1912年フランスに亡命、海軍内で対ソ干渉戦争反対闘争で活躍。1920年に帰国、ホー・チ・ミンが組織した青年革命同志会に加盟。1929~1945年まで下獄。八月革命で解放後、北部で台頭、1955年祖国戦線議長、1960年副大統領に就任。1969年ホー・チ・ミンの死に伴い大統領に昇格。1976年7月南北統一のベトナム社会主義共和国でも大統領に選出された。ホー・チ・ミンのようなカリスマ性には欠けるが、革命第一世代の長老として尊敬された。1980年3月の彼の死後、集団的大統領機関「国家評議会」が成立した。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

トン・ドク・タン
Ton Duc Thang


1888.8.19 - 1980.3.30
ベトナムの政治家。
元・ベトナム大統領。
メコン・デルタのロンスエン生まれ。
サイゴンのフランス系専門学校で学び、1912年労働運動を組織してフランスに亡命する。’20年に帰国後、ホーチ・ミンが組織した青年革命同士会に加盟し、’29〜45年まで獄中生活を送る。’45年の8月革命で解放後、北部で台頭し、祖国戦線議長を経て、’60年副大統領となる。その後’69年ホーチ・ミンの死後大統領に就任し、革命第一世代の長老として尊敬され、’76年の南北統一後、初代ベトナム社会主義共和国大統領に選出された。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トン・ドク・タンの関連キーワードセールスエンジニアガスエンジンキーレスエントリーEMSバスエッセンスシトロエンSMディファレンス・エンジンばら園 ローズバスエッセンスDEルネサンス演劇エス・サイエンス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone