トーマス・ハート ベントン(英語表記)Thomas Hart Benton

20世紀西洋人名事典の解説


1889.4.15 - 1975.1.19
米国の画家。
ミズーリ州ニオーショ生まれ。
シカゴ美術研究所で学んだ後パリへ留学、アカデミー・ジュリアンで学び、キュビスムシンクロミズムに関心を持ち、その後ミケランジェロ、エル・グレコ等の様式を吸収し帰国。1910年代後半から写実主義に戻り壁画を多く手掛け、連作「アメリカの歴史的叙事詩」を制作、ウッドカリー等と共に30年代に流行したリージョナリズムの一人となる。「ハック・フィンと黒人ジム」、「ペルセフォネ」、壁画「アメリカ生活の絵画」等の作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1889年4月15日
アメリカの風俗画家,壁画家
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android