コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドアエンジン ドアエンジン door engine

4件 の用語解説(ドアエンジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドアエンジン
ドアエンジン
door engine

電車などの扉の開閉を行う動力装置。電磁空気式,電動式,空気式などがあり,故障や停電の際には手動開閉できるような保安機構をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドア‐エンジン

《〈和〉door+engine》電車などのドアを開閉するための動力装置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドアエンジン

車両のドアの自動開閉装置。圧縮空気圧ピストンを押し,これにつながるラックが歯車を回してドアを動かす。連結された全車両のドアを1ヵ所から操作する。閉じるのは自動,開けるときは手動の半自動式も寒冷地などで使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドアエンジン【door engine】

戸閉め機械ともいう。戸や扉の開閉を自動的に行う機械。建物のオートドアにも使用されているが,代表的なものは鉄道車両の乗降用の戸を開閉するもので,単にドアエンジンといえばこれを指す場合が多い。鉄道用ではドアエンジン操作のための電磁弁,スイッチ類などを総称して戸閉め装置といい,編成列車では,1ヵ所の車掌スイッチで全車両の出入口の開閉を行うことができる。日本では1926年京浜線電車で使用されたのが最初で,その後種々の改良が加えられ,59年以降は各種の用途別の車両が新製されたのに伴い,側引戸や車体の構造に合わせた戸閉め機械が開発された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドアエンジンの関連キーワード継電器安全器オートマチックオートドア閽人リベットハンマー機械シャッター耐震金物戸閉め機械戸閉め装置

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone