コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥイノの悲歌 ドゥイノのひかDuineser Elegien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥイノの悲歌
ドゥイノのひか
Duineser Elegien

ドイツの詩人リルケ詩集。 1923年刊。 10編の長詩から成り,12年に北イタリアのドゥイノの館で第1の悲歌が生れてから,22年に全編が完成するまで 10年を要した。はかない人間存在の意味と使命を問い続け,これに肯定的結論を打出そうとする詩人の力闘の跡が示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ドゥイノのひか【ドゥイノの悲歌】

《原題、〈ドイツDuineser Elegienリルケの詩集。晩年の代表作の一つで、1912年に書き始められ、1922年に完成した10編の詩からなる。刊行は1923年。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドゥイノの悲歌
どぅいののひか
Duineser Elegien

ドイツの詩人リルケ晩年の詩的到達点を示す作品。10編よりなる。1912年1月アドリア海沿岸のドゥイノの館(やかた)で一部分が生まれたのち徐々に書き継がれ、22年2月スイスのミュゾットの館で全編が完成する。悲歌の伝統につながる預言者的な調子をも備えた一種の思想詩。人間存在の普遍的な意味、皮相な近代の社会における生のあり方、この時代の詩人の任務、これらへの問いかけと答えの試みが、緊迫したリズム、緊密な語法、大胆な形象のうちに、複雑に絡み合って展開する。前半は、絶対の存在である天使との対比で、人間の無力・無常さを否定的に強調するが、第七の悲歌以降、地上の生の営みが肯定され、ことばによって事物を変容させ内面化することが人間の使命とされる。第10の悲歌は神話的空間へと開かれて終わり、悲歌完成直後一気に書かれた『オルフォイスへのソネット』の「世界内面空間」へとつながってゆく。[檜山哲彦]
『手塚富雄訳註『ドゥイノの悲歌』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドゥイノの悲歌の関連キーワードアンドレアス=ザロメエレジー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android