コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥムカ ドゥムカ Dumka

2件 の用語解説(ドゥムカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥムカ
ドゥムカ
Dumka

インド北東部,ビハール州東部の町。モル川東岸に位置。農産物交易の主要中心地で,毎週家畜市が立つ。バーガルプル大学のカレッジ,南部にはモル川灌漑計画のための貯水池がある。人口3万 8207 (1991) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥムカ【dumka[ロシア]】

19世紀にいくつかのスラブ系の諸国で流行した民族色の濃い歌謡または器楽曲をいう。ドゥムキdumkiドゥムカの複数形である。ドゥムカはスラブ共通語のドゥーマduma(思い)の指小辞。ウクライナでドゥーマは盲目の吟遊歌人コブザーリkobzar’が,バンドゥーラbandura(トルコ名をコブザkobzaというリュート撥弦楽器)を弾きながら歌う叙事詩で,現在も残存している。ドゥムカはまずポーランドで用いられ始め,モニューシュコショパンの歌曲にみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドゥムカの関連キーワードスラブ学スラブ主義汎スラブ主義ブランルムワッシャハ合するイクチノスサブタイプシンガポールのアラブストリート独立国家共同体(CIS)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドゥムカの関連情報