コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥムカ ドゥムカDumka

2件 の用語解説(ドゥムカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥムカ
ドゥムカ
Dumka

インド北東部,ビハール州東部の町。モル川東岸に位置。農産物交易の主要中心地で,毎週家畜市が立つ。バーガルプル大学のカレッジ,南部にはモル川灌漑計画のための貯水池がある。人口3万 8207 (1991) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥムカ【dumka[ロシア]】

19世紀にいくつかのスラブ系の諸国で流行した民族色の濃い歌謡または器楽曲をいう。ドゥムキdumkiドゥムカの複数形である。ドゥムカはスラブ共通語のドゥーマduma(思い)の指小辞。ウクライナでドゥーマは盲目の吟遊歌人コブザーリkobzar’が,バンドゥーラbandura(トルコ名をコブザkobzaというリュート撥弦楽器)を弾きながら歌う叙事詩で,現在も残存している。ドゥムカはまずポーランドで用いられ始め,モニューシュコショパンの歌曲にみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドゥムカの関連情報