ドナウ[川](読み)ドナウ

百科事典マイペディア「ドナウ[川]」の解説

ドナウ[川]【ドナウ】

英語ではダニューブDanube。ボルガ川に次ぐヨーロッパ第2の大河。ドイツ南西部シュワルツワルト東麓に発して東流,ウィーン,ブダペスト,ベオグラードを経て,ルーマニアブルガリアの国境をなし黒海に注ぐ。全長約2850km。流域面積約82万km2。支流約300。流量の季節的変化は少なく,またウィーンから下流は勾配(こうばい)もきわめて小さい。トランシルバニア・アルプスとバルカン山地の境にある鉄門と河口の大三角州とは舟航の障害になっているが,東欧諸国の動脈として重要な役割を果たす。大型船はドイツのレーゲンスブルク,小型船はウルムまで航行可能。ルートウィヒ運河によりマイン川を経てライン川とも結ばれる。その航行権をめぐっては17世紀初め以来各国間で多くの協定がなされたが,1856年パリ条約でドナウ川の国際管理が決まり,〈ヨーロッパ・ドナウ委員会〉が設置された。ベルサイユ条約で1921年ドナウ川沿岸諸国と〈ヨーロッパ・ドナウ委員会〉によってブライラからウルムまでの自由航行の保障を任務とした〈国際ドナウ委員会〉が設立されたが,1940年に解散。第2次大戦後ドナウ川の管理権は東西両ドイツによって争われたが1948年ベオグラード協定で沿岸諸国による管理委員会が発足した。
→関連項目オーストリア鎖橋黒海ドイツドナウ・デルタバラトン[湖]ハンガリーブルガリアライン[川]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ドナウ[川]」の解説

ドナウ[川]【Donau[ドイツ]】

ドイツ南西部のシュワルツワルトに源を発し,中部ヨーロッパ,東ヨーロッパ南部を貫流し,黒海に注ぐ河川ボルガ川に次ぐヨーロッパ第2の長流で約2860km,流域面積は81万7000km2。本流はドイツ,オーストリア,スロバキア,ハンガリー,ユーゴスラビア,ブルガリア,ルーマニア,ウクライナの8ヵ国を流れ,流域は11ヵ国に及ぶ。英語ではダニューブDanube川というが,各地ではそれぞれドゥナイDunaj(スロバキア語),ドゥナDuna(ハンガリー語),ドゥナフDunav(セルビア・クロアチア語,ブルガリア語),ドゥナリヤDunǎrea(ルーマニア語),ドゥナイDunai(ウクライナ語)と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドナウ[川]の言及

【国際河川】より

… すなわち,1815年のウィーン会議最終議定書は,ヨーロッパのすべての国際河川についての一般原則を定めた。これを実際に適用するため,ドナウ川については56年にパリ条約,ライン川については68年にマンハイム条約が締結された。1919年のベルサイユ講和条約は,ライン川,ドナウ川,エルベ川,オーデル川,ネマン(ニーメン)川の自由航行と国際管理を規定した。…

※「ドナウ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android