コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドヌーブ ドヌーブDeneuve, Catherine

3件 の用語解説(ドヌーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドヌーブ
ドヌーブ
Deneuve, Catherine

[生]1943.10.22. パリ
フランスの女優。本名 Catherine Dorléac。ともに俳優の父モーリス・ドルレアックと母ルネ・ドヌーブの間に,4人姉妹の三女として生まれた。1960年から本格的に映画女優の仕事を始め,ジャック・ドゥミ監督の名作恋愛映画『シェルブールの雨傘』Les Parapluies de Cherbourg(1964)で一躍国際的な映画スターになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドヌーブ

フランスの俳優。パリ生れ。両親はともに俳優。R.バディムが脚本を担当した《パリジェンヌ》で主役の一人となる。同監督とは恋愛関係になり子どもをもうけたが,離別。J.ドゥミ監督のミュージカル映画《シェルブールの雨傘》(1964年)で広く注目された後,同監督の《ロシュフォール恋人たち》(1966年)で姉F.ドルレアック〔1942-1967〕と共演したほか,娼婦宿に通う人妻を官能的に演じたL.ブニュエル監督《昼顔》(1967年),F.トリュフォー監督《暗くなるまでこの恋を》(1969年)などで1960年代の代表的女優になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドヌーブ
どぬーぶ
Catherine Deneuve
(1943― )

フランスの映画女優。パリ生まれ。両親とも俳優で、1956年映画界入り。ロジェ・バディムに認められ『悪徳の栄え』(1962)で主演。以後、『シェルブールの雨傘』(1963)などのミュージカルから、『昼顔』(1966)、『哀(かな)しみのトリスターナ』(1970)などのルイス・ブニュエル作品、そして『終電車』(1980)などのトリュフォー作品に至るまで、美貌(びぼう)と幅広い演技で1960年代以降のフランスを代表するスターとなり、人気・実力ともに第一級。1990年代に入ってからは実年齢に応じたヒロインを演じ、ゆるがぬ人気を保っている。1998年『ヴァンドーム広場』でベネチア国際映画祭主演女優賞を受賞。ほかの代表作に『フォート・サガン』(1984)、『夜のめぐり逢(あ)い』(1988)、『インドシナ』(1992)、『私の好きな季節』(1993)、『夜の子供たち』(1996)などがある。[畑 暉男]
『草鹿宏著『天使と悪魔のメルヘン カトリーヌ・ドヌーブ物語』(1973・集英社) ▽渋沢龍彦・山田宏一編『カトリーヌ・ドヌーヴ 息吹く魅惑のエレガンス』(1987・芳賀書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドヌーブの関連キーワード育英制度風切群馬大学順天堂大学信州大学野見山暁治バーグマンハマースタイン毛利武士郎ローリング・ストーンズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドヌーブの関連情報