コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライエリア dry area

大辞林 第三版の解説

ドライエリア【dry area】

地下室の外壁に沿って設けられる採光や換気などのための空堀からぼり

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ドライエリア

地下室の外壁の外側に設ける空堀(からぼり)(水を入れない堀)。採光・通風・換気・防湿・地下水の侵入防止など、地下室の居住性を高めるために設ける。◇和製語。ドライ(dry)+エリア(area)。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドライエリア
dry area

地下室外壁の前面を開けて造った空堀。近世後期のイギリスの都市住宅,「テラスハウス」の主要な構成要素として完成した。歩道建物の間を幅約 2m,深さ 2mから 2.5mほど掘下げて床面を築き,外から降りる小階段を付設して,地階厨房に対する採光・通風を与えるとともに,ゴミ容器の置場などの機能を果す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドライエリアの関連情報