ドライポイント(英語表記)drypoint

翻訳|drypoint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドライポイント
drypoint

版画技法の一種。版面に直接線刻する彫刻凹版技法の一つで,鋭利な鋼製の針を使用して製版する。グレーバーを使用するエングレービングでは細密な線描特徴があるのに対して,ドライポイントでは刻まれた線の両側にできる「まくれ」によるにじみのような効果に特徴がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ドライポイント【drypoint】

銅版画技法の一。腐食によらず、鋼鉄針などで版面をじかに彫る方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のドライポイントの言及

【凹版】より

…平らな銅などの金属面に手彫りなどによって彫りくぼめる方法と,写真を利用して彫りくぼめる方法(いわゆる写真製版の利用)とに大別される。前者はさらに彫り方によって,ドライポイント,メゾチントなど直接金属面を彫る彫刻凹版(直刻凹版ともいう)と,版材に薬品を作用させ腐食によって彫りくぼめるエッチング,アクアチントなどの食刻凹版に分けられるが,実際にはこれらの手法を混用することも多い。後者の写真製版によるものはいわゆるグラビアである。…

【銅版画】より

…フランスのF.ブラックモン,メリヨン,コロー,ミレー,マネ,ドービニー,ブレズダン,ピサロ,ドガ,アメリカ生れのホイッスラー,M.カサット,オランダ人ヨンキント,スウェーデン人ソルンAnders Zorn(1860‐1920)ら枚挙にいとまがないが,画家たちがリトグラフと同じく気軽に版画制作をする時代を迎えるのである。
[その他の銅版画技法]
 (1)ビュランの代りに版面に直接に鉄針で描くドライ・ポイントdry point(フランス語ではポアント・セッシュpointe sèche)は,エッチングと同じ即興的な自由があるが,修正は困難で熟練を要する。刻線の縁にできる金属のめくれ(バーburr)にたまったインキが刻線に独特のにじみの効果をつくる。…

【版画】より

…版画の伝統的な意義に変化が生じたと考えられる現象である。現代の版画家は作品の微妙な品質にきわめて神経質になっているが,単純に品質保証というなら,ドライポイントのようなもろいものを除く他の多くの版形式では,鋼鉄めっきなどによって原版の耐久性を高める方策がある。こうして版画家は自作の,より広範な人々への普及の可能性を断念する代りに,それまで商業ベースに乗らなかった版画によっても生活が可能になり,広い意味ではこの慣行によって版画の価値を社会的に承認させ,現代における版画創作活動を隆盛に導いたわけで,この積極的な側面を否定することはできない。…

※「ドライポイント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドライポイントの関連情報