ドライ(英語表記)dry

翻訳|dry

デジタル大辞泉の解説

ドライ(dry)

[名・形動]
水気がないこと。水分が少ないこと。また、そのさま。「ドライな肌」「ドライシェービング」⇔ウエット

㋐風情などがなく、ありのままであること。また、そのさま。無味乾燥。「ドライな現実」
㋑そっけないこと。感傷・人情などに動かされないで、合理的に割り切ること。また、そのさま。「ドライな対応」「ドライな性格」⇔ウエット
洋酒などの、辛口。「ドライシェリー」⇔スイート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ドライ【dry】

( 形動 )
乾いて水気のないさま。 ⇔ ウエット 「 - ミルク」
合理的で情に流されないさま。 ⇔ ウエット 「現代風の-な娘」 「 -に割り切る」
洋酒が辛口からくちであること。 ⇔ スイート 「 - ジン」 「 -な口あたり」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ドライ

(dry)
[1] 〘形動〙
① 乾燥しているさま。乾いているさま。⇔ウエット。〔外来語辞典(1914)〕
② 世俗的な欲望を持たないさま。枯淡であるさま。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「『那麼(あんな)極端な快楽主義なんか、今は最う思っても厭な気持です』『だって、今から然う枯淡(ドライ)にばかりお成りなすっちゃ』」
感傷人情に動かされないで万事合理的に割り切るさま。現実的なさま。⇔ウエット
※福音的基督教(1927)〈高倉徳太郎〉五「理性一点張な、ドライな、現世的なキリスト教が」
④ (シャンパン、ぶどう酒などで) 辛口であること。
※可愛いい悪魔(1962)〈佐野洋〉愛すればこそ「洋酒店で、ドライ・ジンを買った」
[2] 〘名〙
① 会などで酒の類を出さないこと。禁酒になっていること。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎明治時代の学生生活「新入生の歓迎会もあった。併しいつもドライだった」
② 「ドライクリーニング」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドライの関連情報