ドリス人(読み)ドリスジン

百科事典マイペディアの解説

ドリス人【ドリスじん】

古代ギリシア民族の一分派。ドーリア人とも。ドリス方言を使用。前1200年―前1100年ころ鉄器文化をもってバルカンからギリシアに南下,ミュケナイ文明を破壊,スパルタなどを建設したと考えられていたが,近年は疑問視されている。ペロポネソス半島全域に住み,のちクレタ島,小アジア西岸南部(ドリス地方)にも移住した。
→関連項目アイオリス人キュレネペリオイコイメッセニア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドリスじん【ドリス人 Dorians】

古代ギリシア人の一分派で,ドリス方言を語るもの。ドーリア人ともいう。ドリス人は前1200‐前1100年ころペロポネソス半島に北方から侵入してきたと考えられてきたが,近年ミュケナイ文明を破壊したのは〈海の民〉であって,その後にドリス人が来たとの説が有力となった。ドリス人はそこからクレタ,ロドス,小アジア西岸南部にも移動した。3部族構成を特徴とし,原始的性格を残しているが,彼らを本来イオニア人とは異なる剛健な北方人種であるとする説は後世のスパルタ人から全体を推測するもので,まちがっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ドリスじん【ドリス人】

古代ギリシャ人の一種族。紀元前一二世紀頃ペロポネソス半島へ南下し、スパルタ・コリントなどのポリスを建設。ドーリア人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ドリス‐じん【ドリス人】

〘名〙 (ドリスはDōris) ドリス方言を使う古代ギリシア人の一派。紀元前一二〇〇年頃南下、ペロポネソス半島の大部分を占領し、ミケーネ文明を破壊した。小アジア南西岸にも分布。代表的都市国家はスパルタ。ドーリア人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android