コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリス人 ドリスジン

4件 の用語解説(ドリス人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドリス‐じん【ドリス人】

古代ギリシャの一民族。前1200年ごろ、西北方から鉄器をもって侵入を開始し、ミケーネ文明を破壊してペロポネソス半島やエーゲ海諸島に定住した。スパルタはその代表的都市国家ドーリア人

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドリス人【ドリスじん】

古代ギリシア民族の一分派。ドーリア人とも。ドリス方言を使用。前1200年―前1100年ころ鉄器文化をもってバルカンからギリシアに南下,ミュケナイ文明を破壊,スパルタなどを建設したと考えられていたが,近年は疑問視されている。
→関連項目アイオリス人キュレネペリオイコイメッセニア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドリスじん【ドリス人 Dorians】

古代ギリシア人の一分派で,ドリス方言を語るもの。ドーリア人ともいう。ドリス人は前1200‐前1100年ころペロポネソス半島に北方から侵入してきたと考えられてきたが,近年ミュケナイ文明を破壊したのは〈海の民〉であって,その後にドリス人が来たとの説が有力となった。ドリス人はそこからクレタ,ロドス,小アジア西岸南部にも移動した。3部族構成を特徴とし,原始的性格を残しているが,彼らを本来イオニア人とは異なる剛健な北方人種であるとする説は後世のスパルタ人から全体を推測するもので,まちがっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ドリスじん【ドリス人】

古代ギリシャ人の一種族。紀元前一二世紀頃ペロポネソス半島へ南下し、スパルタ・コリントなどのポリスを建設。ドーリア人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドリス人の関連キーワードアカイア人イオニア人ラコニアギリシャ語ギリシャ哲学ギリシャ文字ドリスドリス式植民市ギリシア科学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone