コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルジェル伯の舞踏会 ドルジェルはくのぶとうかいLe Bal du comte d'Orgel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルジェル伯の舞踏会
ドルジェルはくのぶとうかい
Le Bal du comte d'Orgel

フランスの小説家レーモン・ラディゲの小説。 1923年執筆,24年死後出版。作者 20歳の作。当代の貴族の社交生活を背景に,伯爵夫人を愛するフランソア青年好感をいだく伯爵,その夫の好感に従ううちに青年への恋の深みにはまる夫人,三者の心理的葛藤を典雅な文体で物語り,ラファイエット夫人の流れをくむフランス心理小説の復活として評価された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドルジェルはくのぶとうかい〔‐ハクのブタフクワイ〕【ドルジェル伯の舞踏会】

《原題、〈フランス〉Le Bal du comte d'Orgelラディゲの長編小説。1924年刊。社交界を背景に、明晰(めいせき)な筆致で女性の心理を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ドルジェル伯の舞踏会の関連キーワードクレーブの奥方武蔵野夫人恋愛小説生島遼一

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドルジェル伯の舞踏会の関連情報