コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心理小説 しんりしょうせつ romans psychologiques

6件 の用語解説(心理小説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心理小説
しんりしょうせつ
romans psychologiques

フランスにおいて特に発達した小説の一ジャンルで,人間の心理,ことに恋愛心理の微妙なあやを克明に分析し,彫琢された簡潔な文体で記述するのが特徴。ラファイエット夫人の『クレーブの奥方』 (1678) が最初の傑作とされ,以後,ラクロ,コンスタン,フロマンタンブールジェラディゲラクルテルサガンと現代まで続き,フランス小説の一つの大きな伝統となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんり‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【心理小説】

作中人物の心理の動きに焦点を当て、その観察・分析を主眼とする小説。フランスを中心に発展したもので、スタンダールドストエフスキージョイスプルーストなどが代表的。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

心理小説【しんりしょうせつ】

作中人物の心理を精細に分析することを主眼とした小説。モラリスト心理学に基づくラファイエット夫人の《クレーブの奥方》(1678年)を先駆とし,〈恋愛論〉という独自の心理学に基づくスタンダールの《赤と黒》(1830年)によって確立した。
→関連項目北原武夫コンスタンヌーボー・ロマンフロマンタンラクルテル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんりしょうせつ【心理小説】

ごく最近まで心理小説という言葉は,フランス独特の心理分析小説を連想させた。ラファイエット夫人の《クレーブの奥方》(1678)に始まり,アベ・プレボーの《マノン・レスコー》,ラクロの《危険な関係》,コンスタンの《アドルフ》,スタンダールの《赤と黒》を経て,フロマンタンの《ドミニック》ジッドの《狭き門》に至る系譜の小説である。そこでは,作者が作中人物の心理の動きを分析的言語で解説し,とくに恋愛過程における彼らの志向のすれ違いを,自己の感情についての錯覚や相手の感情についての誤解が織りなす悲劇的あるいは喜劇的事件の連鎖によって描くのが特色となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんりしょうせつ【心理小説】

作中人物の心理の精密な分析と描写を中心とする小説。個人主義と市民社会の成立を背景に主にフランスで発展し、心理学の新しい展開につれて、より意識の内奥までも分析・描写されるようになる。スタンダールの「赤と黒」、ラディゲの「ドルジェル伯の舞踏会」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心理小説
しんりしょうせつ

人間内部の心理の動きに焦点をあて、その分析、観察を主眼とする小説。社会の成員としての人間を外側から描写する写実小説と対比される。騎士道恋愛物語と宮廷文化のもっとも発達したフランスで、ラファイエット夫人の『クレーブの奥方』(1678)に端を発し、プレボーの『マノン・レスコー』(1731)、ラクロの『危険な関係』(1782)、コンスタンの『アドルフ』(1816)、フロマンタンの『ドミニック』(1863)といった、この傾向を代表する一連の作品が生まれた。いずれも恋愛心理の綾(あや)を力学的に分析した主知的な小説で、その系譜はジッドの『狭き門』(1909)や『田園交響楽』(1919)、ラディゲの『ドルジェル伯の舞踏会』(1924)からソレルスの『奇妙な孤独』(1958)にまで及び、とりわけ両次世界大戦間に流行した。スタンダールの『赤と黒』(1830)や『パルムの僧院』(1839)にも分析的傾向が著しいが、彼は『谷間の百合(ゆり)』(1836)のバルザックと同様、人間心理を社会環境との相関関係においてとらえ、社会観察の写実主義と人物内面の心理分析とを総合した、いっそう全体的な視野にたつ長編形式を創造し、以後、それが近代小説の主流となった。そのもっともつきつめた形が、記憶の間欠という現象を追求して、一人の人間の内面を微に入り細をうがって分析すると同時に、退廃的な上流社会の風俗を鮮やかに再現した、プルーストの大長編『失われた時を求めて』(1913~27)である。そのほか、人間の心の非論理的あいまいさを暴き出したロシアのドストエフスキー、イギリスでは、「意識の流れ」を定着する「内的独白」を駆使して、画期的な大作『ユリシーズ』(1922)を書いたジョイス、意識の拡散的不連続性を明らかにしたV・ウルフらが、それぞれに新しいタイプの心理小説を創始した。彼らに共通するのは、フランス的心理分析小説を否定し、無意識の領域にまでその探索の範囲を広げて、フロイトらの精神分析学の成果と呼応していることである。
 日本では、すでに二葉亭四迷(ふたばていしめい)の『浮雲』に精妙な心理分析がみられ、夏目漱石(そうせき)の諸作品も深淵(しんえん)を目ざす心理主義とみなすことができるが、新感覚派の横光利一、川端康成(やすなり)らに続いて、『聖家族』(1930)の堀辰雄(たつお)、『幽鬼の街(まち)』(1937)の伊藤整(せい)が、プルースト、ジョイス、ラディゲの影響下に本格的心理小説を試みた。第二次世界大戦後、大岡昇平、三島由紀夫(ゆきお)、中村真一郎、福永武彦(たけひこ)らがこの系譜を受け継いでいる。
 ドストエフスキーまで心理小説に含めると、埴谷雄高(はにやゆたか)、武田泰淳(たいじゅん)、野間宏(ひろし)をはじめ、範囲を画定することが不可能なくらいその影響が大きく、ある意味では、スタンダール以来のすべての小説は心理小説としての側面を備えている。[平岡篤頼]
『R・M・アルベレス著、新庄嘉章・平岡篤頼訳『現代小説の歴史』(1965・新潮社) ▽伊藤整著『新心理主義文学』(1932・厚生閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心理小説の関連キーワード異常心理学木々高太郎変装消費社会言葉は国の手形逆さ言葉書評モーリアック言葉は身の文真夜中から七時まで

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心理小説の関連情報