ド・ロ(読み)De Rotz,Marc M.

朝日日本歴史人物事典の解説

ド・ロ

没年:大正3.11.7(1914)
生年:1840.3.27
明治期に来日したパリ外国宣教会(カトリック)宣教師。フランス・ウォスロー出身。明治1(1868)年来日。キリシタン伝統用語保存を訴えたB.T.プティジャンに応え日本最初の石版印刷術を導入する。プティジャン版といわれる教書類はほとんどド・ロによる。長崎でそうした出版事業に努める一方,疫病救護,孤児養育にかかわった。12年外海(長崎県西彼杵郡)赴任後は教育・医療のほか,農漁業,建築などの技術を指導,またマカロニ,パンの製法技術も教え「ドロさま薬」「ドロさまゼリー」などの名を残す。在日46年間の社会福祉事業は僻村の貧しい民に自活の道を開いた。長崎で死去。<参考文献>片岡弥吉『ある明治の福祉像』,谷真介『外海の聖者』

(大江満)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ド・ロの関連情報