コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ロ De Rotz,Marc M.

1件 の用語解説(ド・ロの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

ド・ロ

没年:大正3.11.7(1914)
生年:1840.3.27
明治期に来日したパリ外国宣教会(カトリック)宣教師。フランス・ウォスロー出身。明治1(1868)年来日。キリシタン伝統用語保存を訴えたB.T.プティジャンに応え日本最初の石版印刷術を導入する。プティジャン版といわれる教書類はほとんどド・ロによる。長崎でそうした出版事業に努める一方,疫病救護,孤児養育にかかわった。12年外海(長崎県西彼杵郡)赴任後は教育・医療のほか,農漁業,建築などの技術を指導,またマカロニ,パンの製法技術も教え「ドロさま薬」「ドロさまゼリー」などの名を残す。在日46年間の社会福祉事業は僻村の貧しい民に自活の道を開いた。長崎で死去。<参考文献>片岡弥吉『ある明治の福祉像』,谷真介『外海の聖者』

(大江満)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ド・ロの関連キーワードシャンボンプティジャンベルリオーズラゲペリフューレマルナスミドンリギョールルラーブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ド・ロの関連情報