コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーマル René Daumal

2件 の用語解説(ドーマルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドーマル【René Daumal】

1908‐44
フランスの詩人,作家。アルデンヌ県生れ。ランスでのリセ(高等中学校)時代にジルベール・ルコントRoger Gilbert‐Lecomte(1907‐43),R.バイヤンらと知りあい,若い詩人たちのグループを形成。やがてパリに出て,1928年に機関誌《大いなる賭》を創刊し,その同人中の指導的存在となる。早くからシュルレアリスムの影響下にあり,ブルトンらとも交流をつづけたが,生来の形而上学的傾向において一線を画した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーマル
どーまる
Ren Daumal
(1908―1944)

フランスの詩人、作家。アルデンヌ生まれる。早くからシュルレアリスムの影響を受け、1928年に雑誌『大いなる賭(かけ)』を創刊。ロジェ・ジルベール・ルコントらとともに新しい文学運動を目ざし、ブルトンらのグループとも接触したが、その神秘主義的傾向において一線を画した。詩集に『反―天空』(1933)など。晩年は結核を病み、悲惨な生活を送ったが、感動的な未完の小説『類推の山』le Mont analogue(1952)を残す。[巖谷國士]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーマルの関連キーワード海潮音サマンジャリフランスベランジェマロミュッセレニエボワローコペー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone