コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーマル René Daumal

世界大百科事典 第2版の解説

ドーマル【René Daumal】

1908‐44
フランスの詩人,作家。アルデンヌ県生れ。ランスでのリセ(高等中学校)時代にジルベール・ルコントRoger Gilbert‐Lecomte(1907‐43),R.バイヤンらと知りあい,若い詩人たちのグループを形成。やがてパリに出て,1928年に機関誌《大いなる賭》を創刊し,その同人中の指導的存在となる。早くからシュルレアリスムの影響下にあり,ブルトンらとも交流をつづけたが,生来の形而上学的傾向において一線を画した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーマル
どーまる
Ren Daumal
(1908―1944)

フランスの詩人、作家。アルデンヌに生まれる。早くからシュルレアリスムの影響を受け、1928年に雑誌『大いなる賭(かけ)』を創刊。ロジェ・ジルベール・ルコントらとともに新しい文学運動を目ざし、ブルトンらのグループとも接触したが、その神秘主義的傾向において一線を画した。詩集に『反―天空』(1933)など。晩年は結核を病み、悲惨な生活を送ったが、感動的な未完の小説『類推の山』le Mont analogue(1952)を残す。[巖谷國士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドーマルの関連キーワードアレッツォ大聖堂3月16日巖谷國士

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android