ドーマル(英語表記)René Daumal

世界大百科事典 第2版の解説

ドーマル【René Daumal】

1908‐44
ランス詩人,作家。アルデンヌ県生れ。ランスでのリセ(高等中学校)時代にジルベール・ルコントRoger Gilbert‐Lecomte(1907‐43),R.バイヤンらと知りあい,若い詩人たちのグループを形成。やがてパリに出て,1928年に機関誌《大いなる》を創刊し,その同人中の指導的存在となる。早くからシュルレアリスムの影響下にあり,ブルトンらとも交流をつづけたが,生来の形而上学的傾向において一線を画した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーマル
どーまる
Ren Daumal
(1908―1944)

フランスの詩人、作家。アルデンヌに生まれる。早くからシュルレアリスムの影響を受け、1928年に雑誌『大いなる賭(かけ)』を創刊。ロジェ・ジルベール・ルコントらとともに新しい文学運動を目ざし、ブルトンらのグループとも接触したが、その神秘主義的傾向において一線を画した。詩集に『反―天空』(1933)など。晩年は結核を病み、悲惨な生活を送ったが、感動的な未完の小説『類推の山』le Mont analogue(1952)を残す。[巖谷國士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android