コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーム球場 ドームキュウジョウ

2件 の用語解説(ドーム球場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドーム‐きゅうじょう〔‐キウヂヤウ〕【ドーム球場】

丸屋根の付いた野球場。屋根が開閉できるものもある。1965年に建設された、米国テキサス州ヒューストンアストロドームが世界初。日本では昭和63年(1988)竣工(しゅんこう)の東京ドームが初。ドーム型球場

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーム球場
どーむきゅうじょう

ドーム状の屋根がついた球場。日本初のドーム球場は1988年(昭和63)3月に東京・水道橋に完成した東京ドームBIG EGG(ビッグエッグ))である。建物の内圧を外圧より高めることで屋根を膨らませるエア・サポーテッド工法を採用しており、読売ジャイアンツのホームスタジアムとして野球に、また各種のイベントに利用されている。東京ドームに次いで1992年(平成4)4月、福岡ドーム(現福岡Yahoo!JAPAN(ヤフージャパン)ドーム)が完成した。3枚の屋根が回転移動で開閉できるのが特徴の多目的ドームである。1997年(平成9)3月中旬に大阪と名古屋にドーム球場がオープンした。また、1999年には西武ドーム、2001年には札幌ドームが完成し、プロ野球12球団中半数がドームを本拠地としている。ドーム球場は、最新のハイテク技術を駆使した多目的施設であることを強調している。その高額な維持費をまかなうために年間約290日4万人以上のイベントの興行をしなければ採算がとれない。また、多目的に球場を使用するためには人工芝でなくては短時間で舞台に変更することができない。
 アメリカ球界では天然芝と青空の下でプレーするスポーツ本来の姿に立ち返る方向に向かっている。日本では球団と球場を運営する会社が別なので、野球場には様々なイベントに対応できる諸設備がつくられている。大阪と名古屋のドーム球場も総合娯楽施設として開設している。ドームでは雨天の日でも野球がみられるのはよいが、企業論理が優先されることでスポーツとしての野球が変貎してしまうおそれがある。[神田順治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーム球場の関連キーワード神宮球場仮葺き小屋根晒し屋根銀傘腰屋根VELOTAXI寄棟屋根付き球場

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーム球場の関連情報