コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーリス様式 ドーリスようしき Doric style

2件 の用語解説(ドーリス様式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーリス様式
ドーリスようしき
Doric style

ドーリス人の民族名から名づけられたギリシアの美術様式。特に神殿建築にみられ,ドーリス式オーダーを備えて,イオニア様式アッチカ様式から明瞭に区別される。その特色は簡素にして雄勁 (ゆうけい) な趣である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーリス様式
どーりすようしき

古代ギリシア美術の様式の一つ。建築では、イオニア様式コリント様式と並ぶギリシア三柱式(オーダー)の一つ。ドーリス人が定住したペロポネソス半島およびその植民地の南イタリアに開花し、のちギリシア全域に広がった。その特徴は建築と彫刻に明瞭(めいりょう)で、イオニア様式が小アジアに生まれ、オリエントの影響下に優美な様式を示すのに対し、ドーリス人は簡素を好み、素朴で秩序ある様式を発展させた。たとえば建築では、イオニア式の柱頭装飾が優美な渦巻文を形づくっているのに比べ、ドーリス式では平鉢形のエキノスとその上に方形のアバクスをもつだけで、強いエンタシス(膨らみ)を示す柱身は太く短く、基台には柱礎を欠いている。また彫刻では、着衣の女性像よりも筋肉質の裸体の男性像を好んで制作し、人体の有機的構成を重視した。[前田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーリス様式の関連キーワードギリシア美術呉器守礼門ドリスドリス人髭切叉木形アポロキャップクリスタルナハトドーリア人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone