コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱礎 チュウソ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐そ【柱礎】

はしらと、いしずえ。また、柱の土台に置く石。
物事の基本・根幹となるもの。「新税制の柱礎となる法案」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうそ【柱礎】

建物の柱と土台の石と。また、柱の下に置くいしずえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

柱礎の関連キーワード大阪府大阪市西成区岸里東弥勒寺官衙遺跡群伊予国分寺塔跡イオニア様式讃岐国分寺跡ギリシア神殿ギリシア美術清岩里廃寺址ドーリス様式司馬金竜墓上野廃寺跡トスカナ式ピラスターオーダー野崎藤橋アンタジビエ詳悉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android