コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイセ川 ナイセがわ Neisse

4件 の用語解説(ナイセ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイセ川
ナイセがわ
Neisse

別称ラウジッツァーナイセ Lausitzer Neisse (ポーランド語ではニサウジツカ Nysa Łuzicka) 。ドイツポーランドとの国境の一部をなす,オーデル (オドラ) 川の支流。全長 256km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ナイセ川
ナイセがわ
Neisse

別称グラーツァーナイセ Glatzer Neisse (ポーランド語ではニサクウォツカ Nysa Kłodzka) 。オーデル (オドラ) 川の支流。ポーランド,チェコ国境のスデティ山脈中部に源を発し,ほぼ北東流して,オポーレの北西でオーデル川に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナイセ‐がわ〔‐がは〕【ナイセ川】

Neiße》ドイツとポーランドの国境をなす、オーデル川の支流。ニーサ川。→オーデルナイセ線

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナイセ川
ないせがわ
Neisse

ポーランドとドイツとの国境を北流するオーデル川の上流部にあたる支流の一つ。スデティ(ズデーテン)山脈中のチェコ領に発し、初めスデティ山脈に発達する横谷に沿って北西に流れ、山脈を過ぎるとポーランドとドイツの国境を北流し、ドイツのウィルヘルム・ピーク・シュタット・グーベン(ポーランド側グービン)の北15キロメートルでオーデル(オドラ)川に注ぐ。全長256キロメートル。「ナイセ」はドイツ語名で、ポーランドではニーサNysa川という。ポーランド南部のオポーレ北西24キロメートルでオーデル川に注ぐ同名の川と区別してラウジッツァー・ナイセLausitzer Neisse(ポーランド語名ニーサ・ルジッツカ)川ともいう。上流部では発電が行われている。第二次世界大戦後、オーデル川とナイセ川を結ぶ「オーデル‐ナイセ・ライン」がドイツとポーランドの国境となった。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナイセ川の関連キーワードピュリッツァー賞ツァーツァールバーツ大聖堂ミラーナイトモーツァルテウム管弦楽団モーツァルトは子守唄を歌わないロンドン・モーツァルト・プレイヤーズスプリッツァーツァリーツィン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone