コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイセ川 ナイセがわNeisse

4件 の用語解説(ナイセ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイセ川
ナイセがわ
Neisse

別称ラウジッツァーナイセ Lausitzer Neisse (ポーランド語ではニサウジツカ Nysa Łuzicka) 。ドイツポーランドとの国境の一部をなす,オーデル (オドラ) 川の支流。全長 256km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ナイセ川
ナイセがわ
Neisse

別称グラーツァーナイセ Glatzer Neisse (ポーランド語ではニサクウォツカ Nysa Kłodzka) 。オーデル (オドラ) 川の支流。ポーランド,チェコ国境のスデティ山脈中部に源を発し,ほぼ北東流して,オポーレの北西でオーデル川に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナイセ川
ないせがわ
Neisse

ポーランドとドイツとの国境を北流するオーデル川の上流部にあたる支流の一つ。スデティ(ズデーテン)山脈中のチェコ領に発し、初めスデティ山脈に発達する横谷に沿って北西に流れ、山脈を過ぎるとポーランドとドイツの国境を北流し、ドイツのウィルヘルム・ピーク・シュタット・グーベン(ポーランド側グービン)の北15キロメートルでオーデル(オドラ)川に注ぐ。全長256キロメートル。「ナイセ」はドイツ語名で、ポーランドではニーサNysa川という。ポーランド南部のオポーレ北西24キロメートルでオーデル川に注ぐ同名の川と区別してラウジッツァー・ナイセLausitzer Neisse(ポーランド語名ニーサ・ルジッツカ)川ともいう。上流部では発電が行われている。第二次世界大戦後、オーデル川とナイセ川を結ぶ「オーデル‐ナイセ・ライン」がドイツとポーランドの国境となった。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナイセ川の関連キーワードラウジッツ文化カンプトスペサルタイト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone