コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイトレン nitrene

2件 の用語解説(ナイトレンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナイトレン【nitrene】

1価の窒素原子と2対の非共有電子対をもつ,電気的に中性な有機化学反応中間体。炭素類似体のカルベンに対応して命名された。きわめて反応性に富む中間体として,その存在が確認されている。種々の発生法が知られているが,代表的な方法はアジドの熱または光による分解反応である。ナイトレンの反応性はカルベンのそれとよく似ており,σ結合への挿入反応(式(1)),π結合への付加反応(式(2)),転位反応(式(3)),二量化(式(4))などが知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナイトレン
ないとれん
nitrene

飽和の中性の窒素化合物では通常、窒素原子が3個の原子または原子団と結合しているが、窒素原子がただ一つの原子団としか結合しておらず、その結果、窒素原子がさらに2個の結合しうる活性をもつ分子種をナイトレンあるいはニトレンという。炭素類似体のカルベンに対応して命名された。
 たとえばフェニルアジドを光分解するとフェニルナイトレンが生ずる。この窒素原子上にはさらに結合の生成にあずかることのできる2個の電子がある。ナイトレンは二重結合に付加したり、あるいは炭素‐水素間の結合に挿入したりすることができる。このようなナイトレンの反応性は、カルベンによく似ている。
 フォトレジストの製造の一つの方法では、芳香族のアジド化合物を含む高分子を基板上に塗布し、これに画像を当てて光を照射すると、光の当たった箇所ではアジドが光分解してナイトレンを発生し、これが高分子と反応する現象を利用する。また、ナイトレンを反応中間体として経由する反応のいくつかは、合成にも利用される。[徳丸克己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナイトレンの関連キーワード共有結合孤立電子対電子対消滅電子対生成非共有電子対電子対共有電子対結合電子対非結合電子対T効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone