コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非共有電子対 ひきょうゆうでんしついunshared electron pair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非共有電子対
ひきょうゆうでんしつい
unshared electron pair

孤立電子対ともいう。原子外殻電子軌道の1つにその原子に属する2個の電子が対となって入ってつくられた電子対で,他の原子と共有されていない。したがって結合に関係しない。ただし電子供与体となって他のイオンや原子と配位結合をつくりうる。たとえばアンモニアの窒素原子や水の酸素原子はいずれも非共有電子対をもち,H+ (プロトン) と結合してアンモニウムイオンヒドロニウムイオンをつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひきょうゆうでんしつい【非共有電子対 lone electron pair】

孤立電子対ともいう。外殻電子2個が互いにスピンを逆向きにして同一の軌道にはいり,化学結合の形成には関与しないとき,その2個の電子が非共有電子対をつくっているといい,このような外殻電子をローンペア電子という。アンモニア分子NH3を例にとると(図),窒素原子は最外殻に5個の電子をもっているので,(2s)2(2p)3という電子配置で化学結合を形成すると,3個の2p軌道が3個のN-H結合に関与し,(2s)2が非共有電子対になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

非共有電子対の関連キーワードエーテル(酸素化合物)オキソニウム化合物複素環式化合物ウェルナー錯体アセトアニリド付加化合物有機電子論配位化合物共鳴混成体分子化合物原子価電子ヒドラジン求電子反応ルイス塩基ナイトレンカルベン求核反応ルイス酸アンチ形T効果

非共有電子対の関連情報