コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガウニ(長海胆) ナガウニEchinometra mathaei

1件 の用語解説(ナガウニ(長海胆)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナガウニ【ナガウニ(長海胆) Echinometra mathaei】

ウニ綱ナガウニ科の棘皮(きよくひ)動物。房総半島から南太平洋にかけて広く分布し,サンゴ礁や外洋に面した岩礁の間に多くの個体が見られる。殻は長径6cm,短径5cm,高さ4cmほどで,殻の表面は紫黒色。下面の囲口部は大きくて殻径の半分以上も占める。とげは長さ3cmほどで,先端は鋭くとがり,暗緑褐色であるが,先端部は白い。腹面のとげの色は淡い。産卵期は7~9月。食用にはしない。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone