コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガウニ(長海胆) ナガウニ Echinometra mathaei

1件 の用語解説(ナガウニ(長海胆)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナガウニ【ナガウニ(長海胆) Echinometra mathaei】

ウニ綱ナガウニ科の棘皮(きよくひ)動物。房総半島から南太平洋にかけて広く分布し,サンゴ礁や外洋に面した岩礁の間に多くの個体が見られる。殻は長径6cm,短径5cm,高さ4cmほどで,殻の表面は紫黒色。下面の囲口部は大きくて殻径の半分以上も占める。とげは長さ3cmほどで,先端は鋭くとがり,暗緑褐色であるが,先端部は白い。腹面のとげの色は淡い。産卵期は7~9月。食用にはしない。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナガウニ(長海胆)の関連キーワードアカウニ棘皮動物バフンウニ海蕾海林檎手蔓藻蔓パイプ海胆紫海胆海胆魚介類

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone