ナガウニ(長海胆)(読み)ナガウニ(英語表記)Echinometra mathaei

  • ナガウニ(長海胆) Echinometra mathaei

世界大百科事典 第2版の解説

ウニ綱ナガウニ科の棘皮(きよくひ)動物。房総半島から南太平洋にかけて広く分布し,サンゴ礁や外洋に面した岩礁の間に多くの個体が見られる。殻は長径6cm,短径5cm,高さ4cmほどで,殻の表面は紫黒色。下面の囲口部は大きくて殻径の半分以上も占める。とげは長さ3cmほどで,先端は鋭くとがり,暗緑褐色であるが,先端部は白い。腹面のとげの色は淡い。産卵期は7~9月。食用にはしない。【今島

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android