コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガシンクイ Bostrychidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガシンクイ
Bostrychidae

甲虫目ナガシンクイ科の昆虫の総称。円筒形の甲虫で,家具や建築材の害虫が多い。体長2~50mm。頭は下向きで前胸背にはまり,上からは見えない。前胸背は僧帽形で,粒状ややすり状の突起が並ぶ。キクイムシに似るが,触角は先端の3節が内側へ広がり,また肢の節が5節あることで区別される。幼虫はコガネムシ型で白く肉質,体を曲げており,頭が小さく,眼がなく,胸が大きい。枯れ木や枯れ枝に穿孔するものが多いが,衰弱した木につくこともある。熱帯,亜熱帯に多く,日本からも十数種が知られ,タケを食害するチビタケナガシンクイ Dinoderus minutus,電話ケーブルなどの被覆に穿孔するフタトゲナガシンクイ Sinoxylon japonicum,貯穀類の害虫とされるコナナガシンクイ Rhizopertha dominicaのような害虫もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガシンクイ
ながしんくい / 長心喰虫

昆虫綱甲虫目ナガシンクイムシ科Bostrichidaeの昆虫の総称。世界各地に産するが、熱帯域など暖地の森林地帯に多く、数百種が知られており、日本にも13種の記録がある。体長2~50ミリメートルであるが、小形の種が多い。体は円筒形で頭は下向きに前胸にはまり、前胸は背面前部が丸く張り出し、顆粒(かりゅう)や突起が並び、キクイムシに似ている。しかし触角は先端3節が内側に片状に伸び、脚(あし)(ふせつ)は5節である。枯れ木や枝に孔(あな)をあけるものが多いが、衰弱した木にもつき、タケナガシンクイ属Dinoderusのようにタケに孔をあけるもの、コナナガシンクイRhizopertha dominicaのように貯蔵穀類の害虫とされるものもある。また、フタトゲナガシンクイSinoxylon japonicumのように電話ケーブルの鉛被に孔をあけ絶縁不良の原因をつくるものもある。幼虫は白くて肉質、C形に体を曲げ、頭が小さく、胸が大きく、材中にすみ食害する。ヒラタキクイムシ類はしばしばこの科の亜科とされることがある。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナガシンクイの関連キーワードDinoderus minutusナガシンクイ(長心喰)コナナガシンクイ柿二棘長心喰虫矮竹長心喰虫二角長心喰虫後棘長心喰虫大麦長心喰虫二尾長心喰虫大長心喰虫粉長心喰虫二角心喰虫防虫木材長心喰虫