コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガシンクイ ナガシンクイ Bostrychidae

2件 の用語解説(ナガシンクイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガシンクイ
ナガシンクイ
Bostrychidae

甲虫目ナガシンクイ科の昆虫の総称。円筒形の甲虫で,家具や建築材の害虫が多い。体長2~50mm。頭は下向きで前胸背にはまり,上からは見えない。前胸背は僧帽形で,粒状ややすり状の突起が並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガシンクイ
ながしんくい / 長心喰虫

昆虫綱甲虫目ナガシンクイムシ科Bostrichidaeの昆虫の総称。世界各地に産するが、熱帯域など暖地の森林地帯に多く、数百種が知られており、日本にも13種の記録がある。体長2~50ミリメートルであるが、小形の種が多い。体は円筒形で頭は下向きに前胸にはまり、前胸は背面前部が丸く張り出し、顆粒(かりゅう)や突起が並び、キクイムシに似ている。しかし触角は先端3節が内側に片状に伸び、脚(あし)(ふせつ)は5節である。枯れ木や枝に孔(あな)をあけるものが多いが、衰弱した木にもつき、タケナガシンクイ属Dinoderusのようにタケに孔をあけるもの、コナナガシンクイRhizopertha dominicaのように貯蔵穀類の害虫とされるものもある。また、フタトゲナガシンクイSinoxylon japonicumのように電話ケーブルの鉛被に孔をあけ絶縁不良の原因をつくるものもある。幼虫は白くて肉質、C形に体を曲げ、頭が小さく、胸が大きく、材中にすみ食害する。ヒラタキクイムシ類はしばしばこの科の亜科とされることがある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナガシンクイの関連キーワード地虫ツツシンクイムシ蟻塚虫花蚤木食虫長椿象長心喰虫標本虫ナガキクイムシ(長木喰虫)ナガシンクイ(長心喰)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone