コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナトゥナ諸島 ナトゥナショトウ

2件 の用語解説(ナトゥナ諸島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナトゥナ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ナトゥナ諸島】

Kepulauan Natuna》インドネシア、南シナ海南部に浮かぶ諸島。カリマンタン島(ボルネオ島)とマレー半島の間に位置する。主島ナトゥナビサル島をはじめ、大小約270の島々からなる。燕窩(えんか)(アナツバメの巣)、べっこうを産する。周辺に天然ガス田がある。ナトゥーナ諸島。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナトゥナ諸島
なとぅなしょとう
Kepulauan Natuna

インドネシア、南シナ海南部、ボルネオ島マレー半島の間に散在する諸島。別称ブングラン諸島。ナトゥナ・ビサル諸島とブングラン・セラタン諸島からなり、主島は前者に属するナトゥナ・ビサル島。総面積2113平方キロメートル。主島には標高959メートルのラナイ山がそびえ、海岸はサンゴ礁が発達する。住民はマレー系種族で主として漁業に従事し、べっこう、燕窩(えんか)(ウミツバメの巣)は特産物。行政上はスマトラ島のリアウ州に属する。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナトゥナ諸島の関連キーワードカイ諸島スラ諸島

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナトゥナ諸島の関連情報