コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナビエ ナビエ Navier, Claude-Louis-Marie-Henri

2件 の用語解説(ナビエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナビエ
ナビエ
Navier, Claude-Louis-Marie-Henri

[生]1785.2.10. ディジョン
[没]1836.8.21. パリ
フランスの土木工学者。パリのエコール・ポリテクニクを経て,土木学校を卒業し,土木技師となる。 1819年から土木学校で応用力学を講じ,31年からは A.コーシーの跡を継いで解析と力学の講座を担当した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナビエ
なびえ
Louis Marie Henri Navier
(1785―1836)

フランスの工学者。ディジョンに生まれる。パリのエコール・ポリテクニク(理工科大学校)を卒業したのち、土木技師となり、のち母校の教授(1830)となり、解析学、力学を教えた。当時フランスは産業革命の開始期にあり、工場、公共建物、道路、橋などの新しい建物や施設の建設が急速に進められるなかで、建築技術もまた新材料としての鋳鉄・ガラスの普及と機械の導入を軸にして大きく変わりつつあり、そのなかでナビエは専門的技術者の養成とともに、力学とその応用研究の発展に貢献した。力学とその実用に関する成果をまとめた講義録が出版されており、近代構造学の創始者といわれる。力学における最大の成果は、弾性理論の基礎方程式(ナビエの方程式)および流体力学の基礎方程式(ナビエ‐ストークス運動方程式)の導出である。[常盤野和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビエの関連キーワードワイドクリアビジョンディビジョンヴィジョンディジェスチフノートルダムドディジョン教会プロビジョン5人の女刑事たち ザ・ディヴィジョン72ヴィジョンゴルフレディ・ジョーカーレディジョージィ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナビエの関連情報