コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミベ ナミベ Namibe

3件 の用語解説(ナミベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミベ
ナミベ
Namibe

旧称モサメデス Moçâmedes (1982まで) 。アンゴラ南西部,大西洋にのぞむ港湾都市ナミベ州の州都。 19世紀中頃に建設され,ベンゲラ湾の水産基地として発展。缶詰,魚粉,魚油などの加工工場も立地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ナミベ(Namibe)

アンゴラ南西部、大西洋に面する港湾都市。旧称モサーメデス。18世紀後半にポルトガル人によって開かれ、19世紀半ばに城塞や商人の居住区がつくられた。漁業が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナミベ
なみべ
Namibe

アフリカ南西部、アンゴラ南西部の大西洋に面する港湾都市。人口1万2076(1970センサス)、12万5400(2002推計)。以前はモサーメデスMomedesとよばれていた。アンゴラ南部の交通、行政の中心地である。1785年に町の基礎がつくられ、19世紀には城塞(じょうさい)と商人の居住区があった。1962年に近代的港湾施設が完成し、貨物取扱高が飛躍的に伸びた。沿岸漁業の基地であり、水産加工業も立地する。[端 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナミベの関連キーワードGIGAMOアルキメデス号寝ても覚めてももさもさモサーメデスPre-moBaby-mo埼玉県戸田市下笹目ニコメデス[1世]ニコメデス[4世]

ナミベの関連情報