コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナム・ジュン・パイク なむじゅんぱいくNam June Paik

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナム・ジュン・パイク
なむじゅんぱいく
Nam June Paik
(1932―2006)

TV、ビデオなどを用いたパフォーマンス(ビデオ・アート)、インスタレーション(仮設または設置型作品)で知られる韓国人アーティスト。韓国語名は白南準(ペクナムジュン)。ソウルに生まれ、東京で美術史、音楽史、哲学を、ドイツで音楽史、作曲を学んだ後、作曲家ジョン・ケージとの出会いやフルクサスへの参加をきっかけに、パフォーマンス的、造形的要素を強める。1960年代からテレビモニターやビデオの使用を開始し、世界中の人々が一斉に同じ映像、同じ時間を共有することのできるこの新しいメディアの可能性を早くから評価した。しかし一方で、見る者がこれらの映像を一方的に受け取るのではなく、その創造に主体的に加わることを重視し、観客がモニター画面の色や形を自由に変えられる『参加TV』Participation TV(1969)を発表したり、70年にはビデオ・シンセサイザーの共同開発も行った。また、単に映像を流すための道具としてではなく、テレビモニターの形そのものを使って構成した一群の作品があり、十字架型にモニターを組み立てた『TVクロス』TV Cross(1966)、ピラミッド型に積み上げた『ビラミッド』V-yramid(1982)などがその例である。そのほか、1964年より共演を続けたチェロ奏者、シャルロッテ・モーマンCharlotte Moormanのための作品に、『生ける彫刻のためのTVブラ』TV Bra for Living Sculpture(1969)、『TVチェロ』TV Cello(1971)などがある。77年には衛星放送を用いた最初のイベントを行い、また84年の回顧展(東京都美術館)で来日した際には、ヨーゼフ・ボイスとのパフォーマンスも行った。[蔵屋美香]
『ナム・ジュン・パイク著、和多利志津子監修『バイ・バイ・キップリング』(1986・リクルート出版部) ▽ナム・ジュン・パイク著、伊東順二構成『あさってライト』(1988・パルコ出版局) ▽ナム・ジュン・パイク著『フィード・バック&フィード・フォース』(1993・ワタリウム美術館) ▽Nam June Paik, John G. Hanhardt:The Worlds of Nam June Paik(2003, Guggenheim Museum Publications) ▽Nam June Paik, John G. Hanhardt, Jon Ippolito:Nam June Paik;Global Groove 2004(2004, Guggenheim Museum Publications)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナム・ジュン・パイクの関連キーワードビオラ(Bill Viola)テクノロジカル・アートインゴ ギュンタービル ビオラオノヨーコハプニングカプローZKM

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android