コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンダデビ国立公園 ナンダデビこくりつこうえんNanda Devi National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンダデビ国立公園
ナンダデビこくりつこうえん
Nanda Devi National Park

インド北部,ウッタルプラデーシュ州北部にあるガルワールヒマラヤの最高峰ナンダデビを中心とする国立公園。面積 630km2。 1982年指定。 6000m級の山々と氷河,雪原からなる。 20世紀に入ってから登山者が増え,自然が荒らされたため,1978年以降,標高 5500m以上の地域への立ち入りが禁止され,1982年には 3500m以上が国立公園となり,全面的な立入禁止となった。厳しい自然条件のなかで独自の生態系がはぐくまれてきたが,多くが危機的状況にある。ユキヒョウは毛皮目当ての狩猟の犠牲となって生息数が激減,1952年に保護動物となり,ワシントン条約でもリストアップされた。ほかにヤギの仲間であるヒマラヤタール有蹄類ジャコウジカオナガザルの仲間ハヌマンラングール,50余種の鳥類なども生息する。 1988年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナンダデビ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ナンダデビ国立公園】

Nanda Devi National Park》インド北部、ウッタラカンド州にある国立公園。ヒマラヤ山脈西部に位置する同国第二の高峰ナンダデビ山(標高7816メートル)を中心とする。1982年に標高3500メートル以上が国立公園に指定され、全面的に立ち入り禁止となった。1988年に世界遺産(自然遺産)に登録。2005年に花の谷国立公園が拡張登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナンダデビ国立公園の関連キーワードウッタラカンド州立入禁止

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android