コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニオイガモ ニオイガモ Biziura lobata; musk duck

2件 の用語解説(ニオイガモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニオイガモ
ニオイガモ
Biziura lobata; musk duck

カモ目カモ科。全長は雄が 60~70cm,雌が 47~55cm。ジャコウガモとも呼ばれ,特有の体臭がある。分類は難しく,オタテガモ属 Oxyura とされることもあるが,ニオイガモ属として 1属 1種に扱われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニオイガモ
においがも / 臭鴨
musk duck
[学]Biziura lobata

鳥綱カモ目カモ科の鳥。大形の潜水ガモで、オタテガモ族に属する。オーストラリアタスマニアの沼地、ときに河口にもすみ、つがいまたは数羽、あるいは群れをみることもある。全長は雄約65センチメートル、雌58センチメートル。全身黒色で不鮮明な細斑(さいはん)があり、嘴(くちばし)は緑黒色で、雄ではその下に丸い袋が下がるが、雌ではこれはごく小さい。この袋は発音装置と思われ、求愛時に膨大する。また雄は、繁殖期に強いじゃ香臭を発する腺(せん)をもつ。足は体のきわめて後方につき、水かきが大きく、カメと間違えるほど体を水面に沈めて泳ぎ、飛び立たずに潜水して逃れる。しかし夜間には飛び立って移動し、また沼から沼へ歩いて移るともいわれる。尾は堅く、水を跳ね上げてタカなどの攻撃を防ぐ。求愛時も足で水をかき上げ、尾を腰の上に立てる。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニオイガモの関連キーワードカモかもかも川秋沙金黒羽白黒鴨黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧カモ(鴨)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone