ニグリ(英語表記)Niggli, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニグリ
Niggli, Paul

[生]1888.6.26. ゾーフィンゲン
[没]1953.1.13. チューリヒ
スイスの鉱物学者。チューリヒのスイス連邦工科大学で工学を学んだのち,チューリヒ大学に移って鉱物学,岩石学に転じ,変成岩の研究に物理学を応用し,X線を利用した空間群の組織的演繹法を考案,鉱物学に新方式を導入し,結晶構造解析の基礎を築いた。ライプチヒ大学 (1915) ,テュービンゲン大学 (18) を経て,チューリヒ大学の鉱物・岩石学主任教授となり (20) ,のちスイス連邦工科大学学長 (29~32) ,チューリヒ大学学長 (40~42) をつとめた。主著『鉱物学・結晶化学教程』 Lehrbuch der Mineralogy und Kristauchemie (2巻,24~26) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニグリ
にぐり
Paul Niggli
(1888―1953)

スイスの鉱物学者、岩石学者。チューリヒ工科大学を技師として卒業後、鉱物学、岩石学の分野に進む。最初のころはアルプスの結晶片岩について研究し、変成作用に物理化学的原理を導入したパイオニア。1915年ライプツィヒ大学、1918年チュービンゲン大学に席を得、1920年チューリヒ大学の教授となる。この間、X線のデータから空間群を求める方法を考案し、1919年『不連続体の結晶幾何学』Geometrische Kristallographie des Diskontinuumsを著した。この本で、230の空間群における対称要素と空間群を決定するための表を与えた。また1924~1926年に有名な『鉱物学』Lehrbuch der Mineralogie2巻を著した。火成岩岩石学、鉱床学の分野での功績も大きい。[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ニグリ

生年月日:1888年2月26日
スイスの鉱物学者
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニグリの関連情報