コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間群 くうかんぐん

大辞林 第三版の解説

くうかんぐん【空間群】

結晶の内部構造を分類したときの二三〇の群。点、軸、面などの対称の要素を組み合わせて得られ、結晶中の原子配列の対称を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

空間群【くうかんぐん】

あらゆる種類の結晶構造をそれ自身に重ね合わせる対称操作(並進,回転,回反,鏡映など)の集合がつくる。空間群には互いに異なる230種類のものがあることが,理論的に導かれている。
→関連項目ブラベ格子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空間群
くうかんぐん
space group

数学的には、運動群の離散な部分群でn個の独立な平行移動を含むものをn次元の結晶群といい、三次元結晶群を空間群という。二次元結晶群は平面群である。物質の結晶構造において、原子配列にみられる対称を表現するのに用いられ、回転、回反(回転+反射)、螺旋(らせん)(回転+並進)、映進(反射+並進)の組合せに従って、結晶で可能な空間群は230種類ある。各空間群には、空間格子の種類と必要な対称要素を示す国際的に定められたヘルマン‐モーガンHermann-Mauguinの記号が与えられている。別にシェーンフリースSchoenfliesの記号が用いられることもあるが、これには空間群の特徴を表現できない欠点がある。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の空間群の言及

【結晶】より

…後に述べるように格子が底心,面心あるいは体心の場合には,tが1/4(a±b)などの一つ,あるいは1/4(a±b±c)に等しくなる映進が可能で,これらはdという記号で表される。
[空間群]
 空間格子と上記の回転,回反(反転と鏡映とを含む),らせん,映進などの対称要素とが空間的にある配列をしていて,それらの対称要素のいずれもが一つの結晶構造をそれ自身に重ね合わせるとき,これらの対称要素の配列を空間群という。すなわち空間群とは一つの結晶構造をそれ自身に重ね合わせるあらゆる対称操作の集合である。…

※「空間群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

空間群の関連キーワードフョードロフ(Evgraf Stepanovich Fyodorov)ドネイ‐ハーカーの原理ヨウ化カドミウム型構造塩化ナトリウム型構造塩化カドミウム型構造塩化セシウム型構造塩化鉛(Ⅱ)型構造E. フョードロフ過塩素酸カリウムウルツ鉱型構造閃亜鉛鉱型構造スピネル型構造X線構造解析赤銅鉱型構造ルチル型構造蛍石型構造群(数学)六方晶系単斜格子等軸晶系

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android