コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコチン剤 ニコチンざい

世界大百科事典 第2版の解説

ニコチンざい【ニコチン剤】

タバコの葉に含まれるアルカロイドニコチンを有効成分とする殺虫剤。タバコが害虫の駆除に用いられた記録は,17世紀後期にみられる。殺虫有効成分にはニコチンのほかにノルニコチン,アナバシンanabasineなどの同族体が知られており,それらをニコチノイドと総称する。ニコチノイドは一般に硫酸塩水溶液(商品名ブラックリーフ,硫酸ニコチン)として用いられ,適用害虫はアブラムシグンバイムシアザミウマハモグリガワタムシキジラミなどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニコチン剤
にこちんざい

タバコのアルカロイドであるニコチンnicotineを成分とする殺虫剤。通常は、タバコの葉などからニコチンを水蒸気蒸留して硫酸と反応させた40%含量品が使われる。速効性であるが残効性はほとんどない。野菜や果樹のアブラムシ、スリップスなどの防除に広く用いられたが、最近はほかの天然殺虫剤と同様にほとんど使用されていない。[村田道雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニコチン剤の関連キーワードニコチン中毒

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android