コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニッコデーミ ニッコデーミ Niccodemi, Dario

2件 の用語解説(ニッコデーミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニッコデーミ
ニッコデーミ
Niccodemi, Dario

[生]1874. リボルノ
[没]1934. ローマ
イタリアの劇作家。初め演劇評論家としてアルゼンチンで活躍し,みずからスペイン語による劇作『至高の疑惑』 Duda suprema (1895) ,『人生に』 Por la vida (96) を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニッコデーミ
にっこでーみ
Dario Niccodemi
(1874―1934)

イタリアの劇作家。リボルノ生まれ。ブエノス・アイレスで育ち、のちパリ、ミラノと移り、第一次世界大戦前後の時代思潮を鋭く写した風俗劇で成功する。代表作に『隠れ家』(1909)、『白鷺(しらさぎ)』(1912)、『鮫(さめ)』(1913)、『影』(1915)、『夜明け、昼と夜』(1921)など。晩年は自ら設立した劇団でピランデッロの『作者を探す六人の登場人物』の初演(1921)など内外の現代作品を上演し、劇界発展に貢献した。[里居正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニッコデーミの関連キーワードゲリボルリボルビング払いアイボルトリボ払いリボルバーダリボルカトリボルミネセンスマリボル城マリボル大聖堂リボルノ港

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone