コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リボルノ Livorno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リボルノ
Livorno

イタリア中西部,トスカナ州リボルノ県の県都フィレンツェの西南西約 80km,リグリア海にのぞむ港湾都市。中世にメディチ家の支配下で発達。 1571年波止場がつくられ,73年にピサと結ぶ運河が掘られて港湾施設が整い,17世紀初頭には城郭によって市街が囲まれた。現在,西海岸ではジェノバナポリに次ぐ重要な商港で,ワイン,オリーブ油,穀物,大理石などを輸出し,石油,工業原料を輸入する。製鉄工業が盛んで,造船,精油,化学工業も行われる。海軍兵学校がある。ニワトリレグホーン種はこの付近が原産地で,これはリボルノの英語名レグホーン Leghornに由来する。人口 16万1131(2011推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リボルノ

イタリア中部,トスカナ州のリグリア海岸の港湾都市。造船所,海軍大学があり,イタリアの最も重要な港の一つで製鉄,製油,ガラス,化学などの工業が行われる。16世紀にメディチ家がメディチ港を築港した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リボルノ【Livorno】

イタリア中部,トスカーナ州のリグリア海に臨む海港都市。英語ではレグホーンLeghorn。人口16万5536(1994)。イタリアの最も重要な港の一つで,ガラス製造,重工業も発達している。14世紀初め小さな漁村だったが,徐々に海港都市として発展し,同世紀末には北にあるピサが要塞化した。1405年,フィレンツェとピサとのあいだの戦争のとき,リボルノはジェノバの手に移り,21年,ジェノバは10万フィオリーニ金貨でフィレンツェに譲渡した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リボルノ
りぼるの
Livorno

イタリア中部、トスカナ州リボルノ県の県都。人口14万8143(2001国勢調査速報値)。アルノ川の河口から15キロメートル南にあり、リグリア海に臨む港湾都市。もとは小さな漁村であったが、とくに16世紀後半以降メディチ家の港として整備され、大きく発展した。その後1908年にサント・ステファノ・ドックがつくられ、1924~32年に工業港が形成されて近代港としての装いが整えられた。しかし第二次世界大戦中にはきわめて深刻な被害を受けた。火力発電、化学、造船、精油の大プラントがあるほか、機械工業、ガラスや陶器の生産が行われる。フィレンツェとの間に石油パイプラインが敷設されている。漁港としても重要。大聖堂(16世紀につくられ、第二次世界大戦後再建)や、1881年創設の海軍兵学校などがある。英語名をレグホーンLeghornといい、卵用ニワトリのレグホーン種の原産地・積出し港として知られる。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リボルノの関連キーワードフェルディナンド1世[メディチ家]フランチェスコ1世[メディチ家]ジョヴァンニ ファットーリジョルジョ キエッリーニアマデオ ボルディーガモンテクリスト[島]ピエトロ マスカーニロベルト ドナドーニD. ニッコデーミロベルト ドナドニブオンタレンティモンテクリスト島アルド モンタノレグホーン[種]ニコラ ピンナメディチ[家]モディリアニニッコデーミビアレッジョファットーリ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リボルノの関連情報