コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューエイジ にゅーえいじ

1件 の用語解説(ニューエイジの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ニューエイジ

宇宙や生命という大きな存在と自己とのつながりや、人間のもつ無限の潜在能力を強調し、個人の霊性・精神性を向上させることを目指す思想・実践で、一種のサブカルチャーとして広く社会に存在する。米国ではニューエイジ、日本では精神世界呼ばれることが多い。ニューエイジや精神世界の具体的なかたちは一様ではなく、瞑想、チャネリング占星術、気功、自然食、セラピーなど様々な形態をとる。またその活動は、本・雑誌、インターネットイベントワークショップなどによる、緩やかネットワークによって支えられていることが多い。島薗進(東京大学教授)は、ニューエイジや精神世界の動向をグローバルな視点から新霊性運動と呼んでいる。

(岩井洋 関西国際大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニューエイジの関連キーワード宇宙塵実存精霊存在と時間存在と無己と命脈大災害ミッシングマス大数仮説

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニューエイジの関連情報