コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューガラス new glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューガラス
new glass

従来のガラスより機能の種類やレベルが一段と向上し,用途が拡大しつつあるガラスをいう。酸化物ハロゲン化物,カルコゲン化物,窒化物などより製造され,光ファイバ,レーザーガラス,光回路,光ディスク,太陽電池,種々の記録用ディスクなど新しい分野への応用が期待されている。生体材料として結晶化ガラスは人工骨歯冠歯根などへの活用が検討されている。最近はガラス同士の間に乾燥空気を密封した積層ガラスが,保温・遮音に有効であることから,また表面をエッチングで装飾したガラスが建設材料として用いられようとしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ニューガラス

素材や製法などを変えることで,従来にない新しい機能を持たせたガラス。通信分野の光ファイバーがその代表。このほか,医療分野では人工骨,人工歯根などの生体適合材料,建築・住宅分野では断熱効果を高めた熱反射ガラスや電磁遮蔽(しゃへい)ガラス,さらにサングラスなどに使われるフォトクロミックガラスなどもこの一種である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ニューガラス

従来のガラスに対して、光ファイバー用や、集積回路の焼き付けに使うフォト-マスク用のガラスのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ニューガラスの関連キーワードオプトエレクトロニクスハイテク素材製品日本山村硝子ガラス工業集積回路焼き付けフォト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android